ガネーシャルドラークシャ バリ産 
ガネーシャルドラークシャ バリ産 
ガネーシャルドラークシャ バリ産 
ガネーシャルドラークシャ バリ産 
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ガネーシャルドラークシャ バリ産 
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ガネーシャルドラークシャ バリ産 
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ガネーシャルドラークシャ バリ産 
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ガネーシャルドラークシャ バリ産 

ガネーシャルドラークシャ バリ産 

通常価格
¥7,500
販売価格
¥7,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

ルドラークシャとは

神聖な木の実ルドラクシャ
ルドラークシャ(菩提樹の実)
ルドラークシャとは、インド、ネパール、チベットなど、アジアの国々で特別に神聖なものとして尊重されている菩提樹の実のことです。

このルドラークシャは、首にかけるだけで、あるいは一目見るだけでもカルマ(業)や心が浄化されるほど強力なものとされており、インドでは、他とは比較できないほど、特別に神聖なものとみなされています。

ルドラークシャは、ひもを通すことにより、ペンダント、ブレスレット、ネックレス、あるいはジャパマーラー(マントラ数珠)として使用されています。

また、そのビーズ(珠)のまま、祭壇に安置してプージャー(供養や礼拝)の対象として使用されることもよくあります。

もともとルドラークシャは、シャクティー(霊的な力)を得て修行を進めるために、昔から、霊性の向上を目指す多くの修行者たちに使用されてきた非常にスピリチュアルなものです。

ヒンドゥー、ヨーガにおけるルドラークシャの重要性

シヴァ神
ルドラークシャを身につけたシヴァ神
ヒンドゥーの最高神でありヨーガ行者の主宰神でもあるシヴァ神は、首や腕にいろんなサイズのルドラークシャ・マーラー(菩提樹の実の数珠)を何重にも身につけた姿でいつも描かれています。

そのためルドラークシャは、ヨーガ行者やシヴァ神の信奉者たちに好んで使用されており、特に、シヴァ神の信仰者にとって、ルドラークシャのジャパマーラーは必須アイテムとされています。

たとえば、ヒマラヤに住む聖者や修行者の中で、ルドラークシャ、あるいはルドラークシャで作られた数珠、ネックレス、ブレスレットなどを全く身につけていない聖者や修行者を探すことのほうが困難なほどです。

また、このルドラークシャを身に着けると、シヴァ神をはじめ、ヴィシュヌ神、ガネーシャ神、ハヌマーン神、太陽神など多くの神々が非常に上機嫌となり、それによって神々のご加護が得られ、富や財産を得て、子孫に恵まれ、大いなる繁栄が約束されると言われています。

このように、霊的修行者、ヨーガ行者、あるいはシヴァ神の信奉者にとって必須のアイテムであり、ヴィシュヌ神、ガネーシャ神、およびその他の神々の信奉者にとっても非常に重要なルドラークシャです。

さらに、最近では、その効果が話題になり、健康のため、お守りとして、宗派や宗教を超えて、より多くの人々に幅広く使用されるようになってきています。

仏教においても最高とされるルドラークシャの数珠

仏陀(ブッダ)
ルドラークシャ(菩提樹の実)は、仏教においても、ジャパマーラー(マントラ数珠)の素材として最高のものとされてきました。

仏教では、ルドラークシャ(菩提樹の実)以外にも、水晶、白檀、珊瑚、宝石など、いろんな素材が数珠の材料として使用されています。

しかし、それら数多くの素材の中で、ルドラークシャ(菩提樹の実)は別格扱いされており、多くの仏典の中で、菩提樹の実の数珠によってマントラ(真言)を数えるなら、その恩恵は、無限大であると絶賛されています。